障害年金と障害者手帳の違い

障害年金と障害者手帳は全く別の制度です。

申請窓口も審査機関も異なります。

しかし「障害者手帳=障害年金の等級」と勘違いしている方は結構いらっしゃいます。

障害年金と障害者手帳の違いは主に「申請方法」、「受けることのできるサービス」、「支給条件」などがございます。

申請方法について

申請方法は障害年金、障害者手帳ともに役場や医師などを介して申請します。

しかし、それぞれ異なったルートでの申請となるため、注意が必要です。

受けることのできるサービスについて

障害年金

老齢年金等と同じ公的年金です。定期的に決まった額の金銭を受けることができます。

障害者手帳

地域によって異なりますが所得税、住民税、自動車税などの税制上の優遇措置や有料自動車道路、電話料金などの公共料金の割引サービスを受けることができます。

支給条件について

障害年金

障害年金を受給するためには主に下記の3つの要件を満たす必要があります。
・初診日が国民年金あるいは厚生年金の被保険者であること

・一定量の年金の滞納がないこと

・障害認定日における障害の程度が1級・2級であること

(厚生年金の場合は3級でも可)

障害者手帳

障害者手帳の種類(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)によって、それぞれ支給条件が異なっております。自治体によって名称、障害程度の表示とその判定基準などに相違があるため、詳しくはお問い合わせください。

 

障害年金についても、障害者手帳についても詳しくお知りになりたい場合は

当センターにお問い合わせください。

無料相談のお申込みについて

お電話でのご予約 0120-514-300
メールでのご予約 メールでのご予約こちら
Please reload

Copy Right (c) 奈良中央障害年金相談センター All Rights Reserved.