障害年金は64歳までに障害の原因となった初診がなければ、受給できません。

この初診があれば、65歳を過ぎていても、障害年金をもらえる可能性もあります。

初診日に関してましては少し複雑なので、ご不明な場合は、一度当センターへお問い合わせください。

また、20歳未満の障害でも20歳から障害年金をもらえる可能性があります。この場合はしかるべき時期にしかるべき書類を申請する必要があります。ここに関しても少し複雑なので、ご不明な場合は、一度当センターへお問い合わせください。

原則、支払わなければいけない期間の3分の2以上を納付していなければ、受給できません。ただし、免除を受けている方や直近1年間納付している方等は例外です。ご不明な場合は、一度当センターへお問い合わせください。

身体障害、心の病、人工透析を受けている方、人工関節・ペースメーカーを体にお入れになった方等ほとんどの病気で障害年金をもらえる可能性があります。

 

障害年金はその病名ではなく、実際の症状が普段の生活にどのくらい影響を及ぼすのか?その影響によって、他の障害をお持ちでない方に比べて、どれくらいの費用負担があるのかが重要といえます。働いていたとしても、他の障害をお持ちでない方に比べ、生活を送るのに不利なため、国から障害年金という形での生活援助金が出るのです。

上記の項目に該当する方、または該当しそうな方は、是非一度当センターへお問い合わせください。まずは無料相談をさせて頂きます。無料相談では申請のポイントをお伝えしたり、より正確な受給判定を行っております。

無料相談のお申込みについて

お電話でのご予約 0120-514-300
メールでのご予約 メールでのご予約こちら
Please reload

Copy Right (c) 奈良中央障害年金相談センター All Rights Reserved.